FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宜しければ応援頂けますとHappyです! 

--/--|スポンサー広告||TOP↑
これに、ハマッた人も少なくはないでしょう!!
絢爛豪華な大奥の世界、女の園「見るは天国、入れば地獄」とのフレーズが登場したのは
確かシリーズの中でも最後の「大奥ー華の乱」だったような・・・

かく言う私も、ドラマは真剣に見入っていたにも係わらず相関図が複雑で・・・と言うよりも歴史に疎いものですからシリーズの繋がりが理解できないっっ(汗)

単に繰り広げられる女の戦い、女の徳川家に掛ける生き様を傍観していただけなのですがww

何度となく再放送で見ながら背景を辿っていく始末です。
何故に時代背景が把握できないか・・・2003年、2004年、2005年と各シリーズが放映されているのですが年代がバラけているのですよ~~

まずは、なんと言っても「春日野の局」松下 由樹(おふく)のシリーズ「大奥・第一章」ですね~
2004年放映の初代将軍、家康から3代将軍家光辺りの時代でした。

正妻である「お江与」高島 礼子と大奥総取り締まり「春日の局」のすさましい女の争いは小気味良いものでした。
その後おふくが乳母を務めた3代将軍家光が側室として迎えたのが、瀬戸 朝香演じる「お万の方」
でした。
元々尼僧であったお万を無理矢理側室にした為に、「お玉」(星野 真理)と言うお万に絶対の信頼を寄せる尼僧が大奥に入り込みお万の付き人となります。

宜しければ応援頂けますとHappyです! 

この「お玉」が後のシリーズ2005年「大奥・華の乱」で超恐ろしげな桂昌院(江波 杏子)となって登場してきます。
時の将軍は5代綱吉ですが、2004年版でお万の付き人お玉が側室となり綱吉の生母なんですね。
綱吉の正室は信子(藤原 紀香)、側室は安子(内山 理奈)
忘れてならないのが「お伝の方」小池 栄子!!彼女のマユゲの無いメイクは根性の悪さが滲み出ているというか・・・覚えていますか?(笑)

放送年は前後しますが2003年「大奥」この時代は幕末の世でした。
13代将軍家定・正室の篤子(菅野 美穂)と大奥総取り締まり、瀧山(浅野 ゆう子)とのバトル
14代将軍家茂・正室の和宮(安達 夕実)と姑にあたる実成院(野際 陽子)のバトルが主なあらすじ
でしょうか・・・・

私は最近噂の「篤姫」は見ていないのですが、この篤子が篤姫だったのですね~~!
確かに、故郷薩摩からの倒幕勢力に徳川の人間として潔く向かって行く姿が素敵でしたが
「篤姫」の方ではどのように彼女を描いていたのでしょうか?

自分で判るように時代順に追ってみましたが実際のドラマは幕末・初期・中期とされているので
前作の続きだと思って見ていると混乱するんですよ(汗)

しかし「大奥」と話題になる以前から1968年・1983年と「大奥」は放送されていたんですね~
そちらの方は私の復習とも言うべき再放送にお目に掛った事がありませんwww

時代背景の濃いドラマは学生時代いかに「歴史」の勉強を怠っていたかが思い知らされます~~

11/24|再放送||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール

akubi323

Author:akubi323
管理人:あくび
性別:女性
心に残るドラマ等の感想を独り言で呟いています。

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見・ご感想はコチラまで
pyonky1208323☆gmail.com *スパム防止の為@を☆にしてあります。
プロフィール画像について
「あくび」のプロフィール画像は
Cafe Part2
よりお借りしております
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。