FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宜しければ応援頂けますとHappyです! 

--/--|スポンサー広告||TOP↑
TBS系で平日午前10時30分より再放送している、西村 晃版の「水戸黄門」。

最近亡くなった父を思い出し、この時間はどこかで「見ているかなぁぁ」とチャンネルを合わせています。
父も祖父も祖母も「水戸黄門」がすきでしたねぇ、だから私も必然的に子供の頃から見ている番組です
リアルタイムでは月曜午後8時から里見 浩太郎版が放送されていますね
でもなんと言っても初代黄門様「東野 英二郎」版が一番馴染み深い・・・・年代です、ハイ!

小さい頃に「どーして黄門様は偉いのか?」「印籠に何の意味があるのか?」と父や祖父母に聞いていた記憶があります
黄門様とは、水戸2代目藩主 水戸光圀 徳川家康の孫にあたります
徳川御三家と呼ばれる中で水戸家だけは参勤交代をせずに、幕府のお膝元で常に将軍に意見できる立場から「副将軍」と呼ばれていた
光圀が「庶民から親しまれ尊ばれ悪事を戒める」と言うドラマのイメージは「将軍に意見する」あたりから来ているイメージでしょうか

宜しければ応援頂けますとHappyです! 

有名なエピソードに、将軍綱吉の発した「生類憐れみの令」に反し好んで食肉をし動物の毛皮を綱吉に送ったと言う話があります

ドラマは63歳で隠居し73歳でこの世を去るまでの10年間の諸国漫遊記ですが、実際には漫遊はしていないとの説です。
しかし、庶民に親しまれ悪法を正し隠居してからも上下の隔てをつくらないで、領民、百姓町人と親しく膝を交えて話をしていたという黄門さんの人柄から諸国漫遊記が作られていったのではないでしょうか

今、このドラマを見ていると今の時代にも「黄門様のような人が居てくれたらなぁぁ」と思っちゃいますね・・・・
飽食の時代でありながら毎日のように耳にする官僚・閣僚の不正等等wwww
ワーキングプアの国民の為に「印籠」で成敗してくれる「世の黄門様」はいつ登場してくれるのでしょうね~~~

12/09|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

akubi323

Author:akubi323
管理人:あくび
性別:女性
心に残るドラマ等の感想を独り言で呟いています。

スポンサードリンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見・ご感想はコチラまで
pyonky1208323☆gmail.com *スパム防止の為@を☆にしてあります。
プロフィール画像について
「あくび」のプロフィール画像は
Cafe Part2
よりお借りしております
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。